星空と大海原とつむじ風

「麦茶」のことの論文や本を書くなら、どんなことを書く?「味噌汁」の由来や歴史なんかだろうか。もしくは、個人的な視点からくる見解かな。

ホーム

ひんやりした日曜の夕方は想い出に浸る

とある真夏の朝。
少年は家の庭で、アリの行列が死んだ虫をせっせと運ぶところをじっくり見ていた。
蟻たちはがんばって動き回っているのだけど、虫の死骸ひとつでこんなに大勢のアリがいても、無駄なんじゃないかと、少年は不審に感じた。
少年は、アリ達が運んでいる虫の死骸を指ではじいたらどうなるかな、という好奇心がわいてきた。
だが、今日のところは単純に観察し続けることに決めた。
暑い夏の日だから、少年の汗は顔中からあふれ、しずくとしてアリの行列のそばに落ちた。

陽の見えない日曜の夜に窓から
けっこう昔から知ってたけど行ったことはない、だけど、真っ暗な動物園は、夜行性の動物がすごく活動的で観察していておもしろいらしい。
行ってみたかったけれど、暗くなってからの動物園は動物を観察しに行ったことがないけれど、子供がもう少し動物をこわがらないようになったら見に行ってみようと考えている。
もうちょっと理解できるようになったら、さぞ、子供もはしゃいでくれると思うから。
ふだんの動物園と異なったおもむきを家内も私も必ず楽しめると思うので体験してみたい。

薄暗い月曜の夕暮れに微笑んで

晩酌などのお酒のおつまみには、ぜひ健康に良い物を!と思っている。
最近のお気に入りだったのは、キュウリ。
それ以前はサンマ。
それにも飽きて、最近は、ウナギだけれど、お金がかさむので断念。
今日、新しいメニューを発見した。
パック入りの90円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、オリーブオイルで炒めて、味の素と塩を少々ふりかけて味を調えたもの。
じゅうぶんコストは低め、カロリーも低い気がしませんか。

喜んで跳ねる弟と夕焼け
夏で催しがたいそう増え、このところ、夜更けにも人の往来、車の往来がたいそうたくさんだ。
へんぴな所の奥まった場所なので、平素は、晩、人の往来も車の通りもまったくないが、花火やとうろうなどが行われており、人の行き来や車の通行がたいそう多い。
通常ののんびりとした夜間が妨げられて少し耳障りなことが残念だが、ふだん、活況がわずかな田舎が活気がでているようにうつるのもまあいいのではないか。
周辺は、街灯も存在しなくて、真っ暗なのだが、人の往来、車の通りがあって、活気があると陽気に思える。

夢中で熱弁する子供と履きつぶした靴

某芸能人が突然引退表明!!らしく、ネットやニュースでたんまり報道しているが、たいそうすごいですね。
この次の総理大臣がどの人に決まるかという話よりニュースでは順序が先ですからね。
どのような政治家が国の総理になろうが変化しないと考える人もとても存在するし、それより、有名司会者が芸能界を引退発表というのが影響がでそうなんですかね。

雪の降る日曜の朝に歩いてみる
買った仕立てるために必要な布で、幼稚園に通い始めるひとり娘の袋を作らなくてはならない。
母親である嫁が裁縫するのだけれど、自分も絶対やだというわけではないので、手間取っているようだったらかわろうと思う。
ボールや靴を入れるものが幼稚園に入園するのに必要らしい。
ミシンもいよいよ到着した。
使用感も感じてみようと思う。

そよ風の吹く平日の深夜はゆっくりと

旅行で行きたくて思い焦がれていた地域、それは真鶴半島だ。
ここを知ったのは「真鶴」という題名の川上弘美さんの小説。
今でも、私の子どもな頭では、まだ深い感動はできない。
代わりに、小説の中の真鶴半島の雰囲気が好きで、まだ見ぬ真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県の、神奈川県との県境に位置する所が真鶴半島。
半島の先が真鶴岬。
岬の先、海面から見えているのは三ツ石という石が3つ。
一番大きな岩の上には鳥居としめ縄があって潮がひいたら歩いてたどり着ける。
縁があって、実際の様子を観光することができた。
私のライカの一眼の中には、真鶴の景色がたくさん。
小さな宿の経営者さんにここに住みたいと言うと、喜んでくれた。

一生懸命叫ぶ妹と草原
友達の両親が会社で梅干しを売っているとの事。
都内に本社を置き中国に店もあり、関西の方に自社工場がある。
各都道府県にたまに、何名かのメンバーでデモストレーションをするらしい。
飲みながら、これを聞いていると、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!と言ったら、いただいたものがあると出してくれた。
この友人と食べたこの梅干しが、人生で最高に美味しかった。
という事で、さっそく梅干しを注文してしまった。

一生懸命跳ねる彼と横殴りの雪

一時期、体の状態が悪い上に、偏った食事と、眠りの具合が変だったので、吹き出物が多かった。
改めようと思い立って、食生活を整え、肌に良い事をやろうと周りの意見を聞いた。
すると勧められたのが、ニチレイアセロラジュースだ。
今に至るまでごくごくと飲む。
レモンよりもビタミンが豊かに摂取できると言う話だった。
健康と美容はやっぱりフルーツから形成されるのかもしれない。

雲が多い仏滅の日没は読書を
友達とお昼時に約束していた。
いつもの駅のいつも通りの大きなエスカレーターの下。
すると、少しばかり遅刻すると電話がきた。
巨大なテレビの前は合流地点なので、待っている人もどんどんどこかへいってしまう。
ウォークマンで曲を聴きつつ、その光景をぼーっと見ていた。
それでも時間を持て余してそばの喫茶店に入って、レモンティーを飲んでいた。
しばらくして、同級生が遅くなってごめんね!と言いながらきてくれた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタがいいかもとの事。
色々探してみたけれど、いい店を探しきれなかった。

サイトカテゴリ

ページトップへ

Copyright (c) 2015 星空と大海原とつむじ風 All rights reserved.